【予算1万円】初めてのUS配列キーボード。デザイナー・エンジニアにおすすめのメカニカルキーボード

キーボードの写真

デザインや開発などをやっていると、US配列のキーボードを使っている方も多いかと思います。
かく言う私も、US配列を使っております。

US配列とJIS配列の大きな違いは、記号の位置です。
私も慣れるのに少し時間がかかりました。
しかし慣れてしまえばエンターキーが近くなることから、右手の移動が少なくなるため、タイピングの負担が少なくなります。

有名なメーカーですと『東プレ』や、最近は『HHKB(Happy Hacking Keyboard)』も人気ですが、なにぶん高いので、なかなか手が出しづらいのですよね。
しかもHHKBはファンクションキーが無いので、かなり玄人向けと言えます。

そこで私がこれまで使ったキーボードの中で、1万円程度で品質も良く、初めてのUS配列におすすめのキーボードをご紹介いたします。

おすすめのUS配列キーボード

Windows

FILCO Majestouch

このモデルは打面に印字がないところがカッコいいです。
私はこれの赤軸を持っております。

Mac

Matias Mini Tactile Pro keyboard for Mac

こちらはMacのUS配列キーボードです。
今もラップトップの上に置いて使用しています。
そもそもMacのUS配列で、かつメカニカルとなると選択肢が少ないです。
こちらは今使っている物が壊れたら、また同じものを購入すると思います。
注意点としますと、メカニカルのクリック感有りタイプのため、カチャカチャとタイプ音がかなりします。

いかがでしょうか。
上記のキーボードはいずれも品質が良いため、長く使えると思います。
デザイナーやエンジニア向けのため、テンキーが無いタイプを選びました。

お問い合わせ

    お気軽にお問い合わせください。
    お電話やご訪問での営業はいたしませんので、ご安心ください。

    お名前

    メールアドレス

    電話番号

    お問い合わせ内容